シミが発生する原因を把握してシミ取り治療をしよう|美肌を目指す

よく見かけるシミの種類

鏡を見る女性

顔に発生してしまうシミは1つではありません。なんとシミには複数の種類があるのです。発生する箇所によって、種類や形、原因、特徴などが異なるため、きちんとシミの種類を把握していくことが大事ですよ。種類を知ることによって、自分の顔に発生しているシミの状態を把握することが出来ますし、適したシミ取り治療も見つかるでしょう。そのため、代表的と言われるシミについて確認していくと良いですよ。

最も一般的と言われているシミが日光性色素斑になります。30代になってくると顔に発生しやすく頬などに出来やすいと言われています。日光性色素斑は主に紫外線の影響で現れてしまうでしょう。シミと肌の境界がはっきりと分かれており、そのまま放置してしまうと盛り上がってしまう可能性があります。そのため、シミ予防として紫外線対策を行なうのが良いですよ。なお、もし出来てしまった場合は早めのシワ取り治療をおすすめします。次に肝斑があります。肝斑は左右対称に発生するのが特徴で薄い色のシミとなっています。30~40代を中心に顔に発生して、妊娠中や更年期に現れやすいことから女性ホルモンが原因で肝斑が出来てしまうと考えられています。年齢を重ねるごとに目立たなくなりますが、紫外線や肌にダメージを与えてしまうと悪化する恐れもあるので、注意が必要になります。シミ取り治療の一環として肝斑も美容皮膚科で治すことが出来ますよ。また、ニキビの炎症などがきっかけで発生してしまうシミもあります。ニキビ跡がそのままシミに発展してしまうでしょう。人によって状態が異なり、黒いものや赤みがあるものまであります。紫外線の影響や刺激が加わるとメラニンが多く生成されてシミとなってしまうのです。すぐに治ることもありますが、中にはずっと残ることもあるので、気になる場合はシミ取り治療を受けた方が良いでしょう。

シミには色々な種類がありますが、複数のシミが顔に発生してしまうケースも珍しくありません。このような肌の状態のことをACPと呼んでおり、美容皮膚科でそれぞれのシミに合わせた適切な治療をしないといけません。また、ACPの方がシミ取り治療を受ける場合は治療手段や方法を間違ってしまうと余計に悪化してしまうことがあるので気を付けましょう。きちんとシミの状態を確認して、慎重に治療を受ける必要があります。そのためには治療の際に医師としっかりと治療内容を話し合うことが大事ですよ。これらをしっかりと行なうことでお悩みのシミを解消することが出来るでしょう。